気分が落ちないように、ストレスは上手く解消しましょう

壊れる前に

病気は治せる

うつ病になったら医療機関を受診する

うつ病は、気分が落ち込んだり、眠れなくなったりして、日常生活を送ることが困難になることもある病気です。原因には、ストレスや疲労、他の疾病など、さまざまなものがあります。通常は、落ち込むことがあっても、時間の経過とともに回復します。しかし、うつ病になっている場合には、落ち込んだ状態から自力で回復することができません。 自分が、あるいは家族など身近な人が、うつ病ではないかと思ったら、速やかに医療機関を受診することが大切です。診療科は、精神科、神経科、心療内科などがあります。初めて受診する場合には、受付でその旨を告げます。その後、問診票などを記入し、診察を受けることになります。 どこの医療機関に行くか悩んでしまう場合には、かかりつけの医師に相談をして、紹介してもらう方法があります。

おかしいと思ったら早めに受診を

うつ病を診察し、治療する医療機関では、薬の服用やカウンセリングなどによって治療を行います。最近では、薬の服用と同時に、行動療法なども重視されています。薬で症状を抑えながら、根本的な部分の治療を行います。また、家族などに接し方に関する注意や症状などについての説明を行います。 うつ病は、早い段階で治療することによって、早い回復が望めます。しかし、焦りは禁物です。気長に治療するという気持ちも必要です。 現在では、世間一般にもうつ病に関する知識が浸透しています。そのため、自分や家族がうつ病の時に、初期段階で発見できる可能性が昔に比べて高くなっています。医療機関側でも、少しでもおかしいと思ったら受診するように促しています。

治療ではなく、「うまく付き合う」。

うつ病、または抑うつ状態などとも言われる方もいるでしょう。 普段から物凄く元気で何もストレスを感じていないような人でも、気づかないままに様々な偶然も重なることで突如うつ病の症状を発症することがあります。 新生活による仕事や私生活でのストレス、パートナーが病気になったり、上司とそりが合わないこと、子供の通学・通園で過度の負担を感じたり、と当たり前のはずなのに、知らず知らずのうちに精神的な負荷がかかっていることに気づかないまま、うつ病を発症する場合があります。 いざ治療とはいっても、内科などの病院ではなく、精神科、心療内科などの日常生活ではあまり耳慣れない病院に通うことになるため、ただでさえ憂鬱な気持ちになっているのに、輪をかけてふさぎ込んでしまうかもしれません。 しかし、治療するために足を運ぶ病院には、治療という言葉には程遠い、「聞き上手な」医者に診てもらうことになるでしょう。

うつ病は、「対話と生活リズムを取り戻すこと」で治していきます

専門医を目の当たりにすると、拍子抜けするかもしれません。 「本当にこの人が治してくれるのだろうか」というように。 それほどうつ病に関する治療をしてくれる専門医は、医者というよりも話しの「聞き上手な人」と目に映るかもしれません。 実際に、効き目のある薬を服用すると個人差があるとはいえ生活リズムが崩れてしまいます。 それほど効き目が強いことが多く、医者はうつ病であると診断したあなたの負担を取り除くために、まずは現状の生活リズムが穏やかになるように仕向けるでしょう。 肉体的な負荷を軽くすることから始めて、次にうつ病につながることになった要因をひとつずつ除去していきます。 そのため、いたって普通に思えるような生活リズムを当たり前のように繰り返せるように指導がなされます。 そうやって投薬で肉体的な負荷をまず取り除く。 そして次に精神的な負荷が少なくて済むような生活リズムに戻していく。 そんな順番であなたのうつ病を治療するのですが、全てにおいて専門医が家族や大切なパートナーと会話するようなイメージでじっくりと対話してくれます。

症状を知ろう

治療を始める前にうつ病か診断を受けることが大切です。うつ病になってしまうとマイナス思考になってしまいます。そのような症状を感じた場合は、病院へ行きしっかりと診断をしてもらいましょう。

READ MORE

若い子でもなる

近年は小学生でもうつ病になる方がいます。その為、ご家庭に小学生や中学生がいる方は注意をしましょう。思春期とストレスが重なると、感情を上手く抑えることが出来なくなってくる可能性があります。

READ MORE

なぜ病気になるのか

人間関係に対して悩みを抱える日本人ですが、それが原因となってうつ病を発症してしまうケースも珍しくはありません。周囲の方にうつ病であることを明かして、ゆっくり回復へと向かいましょう。

READ MORE

新しい薬

近年はうつ病と戦う薬が様々開発されています。抗うつ剤や抗不安剤、睡眠薬が基本的ですが、セロトニンに効果がある薬が近年は注目を集めています。医師と話し合いをして、どの薬を服用しようか考えると良いでしょう。

READ MORE

悪化をさせない

うつ病は現代病と言っていいほど沢山の方がかかっています。近年は若い方でもなる為注意をしましょう。うつ病は症状が悪化する場合がある為、悪化する前に病院へ行き医師へ助けを求めましょう。

READ MORE