気分が落ちないように、ストレスは上手く解消しましょう

若い子でもなる

うつ病にかかったときの治療金額

近年、若い方がうつ病になりやすくなっています。小学生や中学生がうつ病になるケースも多く、特に中学生は4人に1人の確率でうつ病になっているという、驚くほどの研究結果が出ています。この研究結果から、中学生になって上下関係が厳しくなったり、思春期が重なったりするため、感情のコントロールが難しくなり、うつ病になりやすくなってしまうのではないかと考えます。 うつ病にかかると、精神科などが導入されている病院で治療が必要になります。病院の診察や処方される治療薬については、健康保険が適用されるので、患者の負担は3割となります。ですが、うつ病の重度が大きければ大きいほど治療期間が長くなるため、治療金額の負担も大きくなる傾向にあります。

防止のために行われているレジリエンス

レジリエンスは、昔から欧米で行われているもので、主に心を強くすることを言います。欧米では学校教育や会社でレジリエンスが導入されており、日本でもうつ病になる人が多くなってきてから、学校でレジリエンスを導入し始めているところがあります。 うつ病になりやすい人の傾向として、心が硬く、ネガティブな感情になりやすいというのがあげられます。レジリエンスを行うことにより、心の柔軟性が鍛えられ、ポジティブな感情を持つことができるようになります。 レジリエンスは、普段の生活でも取り入れることができます。欧米では、食事を3時間おきにとるようにしています。ブドウ糖が切れてしまうと、イライラや疲れが出やすくなります。ある会社では、朝・昼・夜はしっかり食べ、10時にはティータイム、3時には軽食をとるという一日5食の食事スタイルをとっています。これにより感情が安定し、ネガティブになりにくいことから、レジリエンスはうつ病防止に効果的だといわれています。